外国人風俗嬢を堪能する!

金髪の外国人もいいモンですよ!そんな金髪風俗を経験しませんか!?

アメリカかイギリス出身の金髪デリヘル嬢

Posted by on 3月 28, 2013 at 8:53 AM

私の会社の同期が金髪専門デリヘルにハマっていて、この前、友人が呼ぶ時に便乗しました。

場所は小岩近辺で決定!

小岩は女お子の質もよく、小岩 風俗求人で集まって来た金髪美人ばかりだからです。

ちなみに、我々は会社の独身寮に住んでいて、女の子連れ込みOKなんです!

さて、その北欧系金髪専門デリヘルは、日本語話せますと言うのがウリらしいですが、私の友人に言わすと

「そんなんウソウソ」

らしいです。

酷いデリヘル嬢になると、この前行った町田 風俗で出会った外国人の風俗嬢はシャワーの使い方すら分からず、水を掛けられたりした事もあるとか。

「お前の国の風呂は行水なんか!」

と、怒鳴った事もあるそうです。

もちろん、通じる訳はありませんが。

そんな話を聞いていたので、せめて英語位は通じる方がいいと考え
アメリカかイギリス出身の金髪デリヘル嬢を選びました。

私が指名した金髪デリヘル嬢は、アンジェリーナジョリーに少し似ている
22歳の身長161cmのイギリス人

スリーサイズは
91(G)・58・88

と、スタイルもアンジェリーナジョリーを彷彿させます。

果たしてホームページと実物の写真はどれ位の違いがあるのか…。

ビンポーン

私の部屋のチャイムが鳴りました。

生唾を飲み込みながら、ガチャっとドアを開けると

「先に料金もらいますね」

と、おっさんが1人でポツンと立っています。

緊張して損しました。

気を取り直して、再び、金髪デリヘル嬢の到着を待ちます。

ビンポーン

今度こそ金髪デリヘル嬢が到着したようです。

ガチャっとドアを開けると、金髪の外人デリヘル嬢が立ってるではありませんか!

このドキドキ感は、初めて大塚 風俗に行った時の感覚に似ています。

ドアを開けそこに居たのは、ダイエット前の浜田ブリトニーみたいなぶっとい外人が…。

気分はorz=3(ガッカリ、へっプー)です。

チェンジしたくてもお金がかかるし、もう面倒くさい気持ちが先行して、観念する事にしました。

とりあえず、手招きで金髪デリヘル嬢を部屋にあげます。

日本語が分からないと思い

「あーあ、デブかよ。最悪だ…」

と、ポツリとグチをこぼすと
「ごめんなさいねーデブで。これでもダイエット頑張ってんのよー」

と、流暢かつ不機嫌な日本語で、金髪デブヘル嬢が切り替えしてきました。

「なにぃ!日本語わかんのか!」

と、驚いた私に

「あったりまえやっちゅうねん。パパとママ、日本で働いてて、私日本育ちやっちゅうねん」

と、全く予想していなかった答えが帰ってきました。

確かに、発音というか、話す内容もネーティブジャパニーズそのものでした。

「そうか。ごめんな。分からんと思って、つい酷い事を言ってしまった」

と、素直に謝ると

「うふふ。可愛いところあるのね。私、太っちゃたけど、オッパイとか柔らかくて気持ちいいわよ?」

と、優しく濃厚なキスをしてくれ、自分のオッパイを押し付けてきました。

確かに、ブラジャーの上からでもわかるぐらい柔らかいオッパイは、感度最高で
キスのやり方もうまく、日本人女性にはないエロさを感じました。

今日指名したのは、見た目は失敗しましたが、日本育ちとはいえ、金髪外人と
はじめてのエロ的行為は、私の中でセンセーショナルな経験でした。

今度は、パネルマジックにひっかからないように注意して、本当の異国情緒を味わいたいと思います。

ちなみにその子は安城 風俗求人で風俗業界に入ってきたそうです。